TOPICS

小清水町の話題

まちのイベントやちょっと役に立つ最新情報。
まちにお越しの際は、覗いてみてください。

JAこしみず農業祭&収穫感謝祭

2018/12/02
12月2日10:30~16:00まで小清水町・愛ホールおよび駐車場で開催されます。午前中は青空市・グルメコーナー、午後はJAこしみずによるステージ発表やアトラクションで一日盛りだくさんの内容です。

午前中は、毎年大人気の濤沸湖のかき貝やしじみと小清水町の和牛の即売会の他、じゃがいもを使った「スイートポテト」、小清水町のでんぷんと海の幸をたっぷり使ったフリッターおせん「ほがじゃ」などのおなじみの小清水町の特産品が町民還元価格でお買い求めいただけます。今年はさらにHTBとコラボした地元メシ「恋麺(肉みそじゃーじゃー麺)」も登場します!

「恋麺」いよいよ町内5店舗で発売開始

2018/12/03
小清水産の小麦「春よ恋」の豊かな風味とモチモチした食感を活かした特注のオリジナル極太麺を使った肉みそじゃーじゃー麺“恋麺(こいめん)”の小清水町内の5店舗での提供がいよいよ始まります。

HTBイチオシ!とコラボして、町内の5飲食店の料理人が開発チームとなり創りあげた「町の特産品を生かした新しいグルメ」である“恋麺”。これまでは、開町100年記念式典や札幌のイベントなど、イベントのみでの提供でしたが、12月3日(月)より、町内の飲食店で気軽に味わえるようになります。

提供飲食店は、道の駅 はなやか小清水(レストラン はまなす)、居酒屋 おふくろ、レストラン OLANGO、鉄板焼 うそ家、小清水温泉ふれあいセンター(夢風船)となります。価格は各店舗(統一)の850円です。

詳細は各店舗にお問合せください。

「シマエナガさんの12ヵ月」写真パネル展

2018/12/07_2019/1/23
主に道内のみで生息する野鳥シマエナガを北海道の地元自然写真家3人が12カ月を通して撮影した写真集「シマエナガさんの12ヵ月」の待望の写真展がオホーツクで初開催!「雪の妖精」とも呼ばれる愛らしい姿と、自然の中で見せる様々な表情が季節ごとに楽しめる写真展です。

●開催概要●
2018年12月7日(金)~2019年1月23日(水)
10:00~19:00
小清水ツーリストセンター 2Fギャラリー
斜里郡小清水町字浜小清水474番地の7
(道の駅はなやか小清水横、モンベルオホーツク小清水店2F)
入場無料
主催:一般社団法人 小清水町観光協会
 後援:公益財団法人 日本野鳥の会 オホーツク支部

●スライドトーク・撮影した写真家による裏話が盛りだくさん!●
★小鳥界のアイドル!雪の妖精「シマエナガさん」ってどんな鳥?★
日時:2019年1月12日(土)13:00~14:00 入場無料
自然写真家 山本 光一

●【スライドトーク・同日開催】木育ワークシップ●
「シマエナガさんのバードコールを作ってみよう!」
日時:2019年1月12日(土)14:00~15:00 参加費500円
協力:釧路総合振興局森林室(資材一部提供)
木育マイスター道東支部(企画発案:高橋 秀明)
※事前受付可、先着30名様

鳥とTALK&CALL★バードコールを作ってみよう!

2018/12/23
鳥の鳴き声をまねて可愛い音をだすおもちゃ、バードコール。ネジを差し込んで上手に鳴らしたら野鳥がこたえてくれるかも!? 小清水町観光協会では、冬休み特別ワークショップとして、小清水の木を使った冬休み特別ワークショップを開催します。 当日参加も可能です。

●開催概要●
2018年12月23日(日)
10:00~16:00(12:00~13:30は除く)
作業時間は30分くらいです。

小清水ツーリストセンター 2Fギャラリー
斜里郡小清水町字浜小清水474番地の7
(道の駅はなやか小清水横、モンベルオホーツク小清水店2F)

参加費500円、先着20名様

申込は0152-67-5120まで

第5回小清水児童生徒作品展

2019/01/24_2019/01/30
小清水町の児童・生徒による絵画・書道の作品展。応募作品のうち、入賞作品が展示されます。第5回を迎える今回の作品展では、幼稚園・保育園の子供たちも参加し、いずれも力作が並びます。

●開催概要●
2019年1月24日(木)~2019年1月30日(水)
10:00~19:00
小清水ツーリストセンター 2Fギャラリー
斜里郡小清水町字浜小清水474番地の7
(道の駅はなやか小清水横、モンベルオホーツク小清水店2F)
入場無料
主催:公益財団法人岡田茂吉美術文化財団、小清水児童作品展実行委員会

実践:畑ガイドの 始め方・受け入れ方

2019/02/07
異文化交流をしてみたい!農業やわがまちのことを伝えたい!自分が作ったものを食べてもらいたい! 忙しい農家さんにかわって、プロの「畑ガイド」が農業のことや作物についてガイドするー日本で初めて「畑ガイド」を事業化した“いだきますカンパニー“。創業者の井田さんを講師にお迎えし、いただきますカンパニー発案の農業体験の仕組みを、準備から実施までの実際の流れなど、実践的な内容でご紹介します。

■日時
2019年2月7日(木)午後1時30分~午後3時30分
■場所
町立小清水図書館・視聴覚室(小清水コミュニティプラザ) ■講師 (株)いただきますカンパニー代表取締役 井田 芙美子 氏
■懇親会※希望者のみ
午後6時~午後8時 会費1,000円
※懇親会参加希望者は2/1(金)までにお申込みください。

お問い合わせ・お申込みは小清水町観光協会(TEL 0152-67-5120)まで。

軌跡 – あしあと – 写真展

2019/02/1_2019/02/28
小清水の美しい ― 空 ― をテーマにまちおこしに取り組んだ小清水熱気球クラブの活動の写真展。クラブの創設者の一人でパイロットでもある樫原 功さんが撮りためた100点以上に渡る写真で小清水の熱気球の歴史を振り返ります。

●開催概要●
2019年2月1日(金)~2019年2月28日(金)
10:00~19:00
小清水ツーリストセンター 2Fギャラリー
斜里郡小清水町字浜小清水474番地の7
(道の駅はなやか小清水横、モンベルオホーツク小清水店2F)
入場無料

「鶴の居る村の四季」写真展

2019/03/06_2019/03/28
鶴居村・釧路湿原に生息するタンチョウと彼らを取り巻く美しい自然をテーマとした「鶴の居る村の四季」写真展。

タンチョウが1年中暮らす道東「鶴居村」は、タンチョウの住処である釧路湿原に隣接する人口2,500人ほどの小さな村です。本写真展では、鶴居村で生まれ育ち、タンチョウのすばらしさと重要性を、作品を通して世界に発信しつづける鶴居在住の写真家、和田 正宏 氏による渾身の作品をご紹介します。

●開催概要●
2019年3月6日(水)~2019年3月28日(木)
10:00~19:00
小清水ツーリストセンター 2Fギャラリー
斜里郡小清水町字浜小清水474番地の7
(道の駅はなやか小清水横、モンベルオホーツク小清水店2F)
入場無料

●作者 和田 正宏 氏について● 1956年鶴居村生まれ。1985年より釧路市、札幌市など道内を始めとし、次々と東京・大阪・名古屋でも写真展を開催。また、1995年には、全米で巡回展を開催するなど、いまや世界にもタンチョウの魅力を発信している。

冨田美穂「牛の版画展」

2019/04/11_2019/04/25
-小清水ツーリストセンター開館1周年記念- 小清水町在住の木版画家の冨田美穂さんの個展。

小清水町の牧場で働きながら、牛をモチーフにした木版画や水彩画を制作している冨田美穂さんの作品を展示します。2018年に制作した182cm×273cmの「701 全身図」などの代表作をはじめとして、(社)ジェネティクス北海道機関紙「sire」の表紙の原画や、絵本「おかあさん牛からのおくりもの」の原画をご覧いただけます。

●開催概要●
2019年4月11日(木)~2019年4月25日(木)
10:00~19:00
小清水ツーリストセンター 2Fギャラリー
斜里郡小清水町字浜小清水474番地の7
(道の駅はなやか小清水横、モンベルオホーツク小清水店2F)
入場無料

●作家 冨田 美穂さんについて● 1979年東京生まれ。大学在学中にアルバイトで訪れた北海道の牧場で出会った牛に魅了され、卒業後小清水町へ移住。 2008年より佐伯農場荒川版画美術館(中標津町)で夏期に常設展を開催している他、札幌(Gallery Retara)や、神田日勝記念美術館(鹿追町)などで個展を開催。

巷のonちゃん小清水編放送予定

2019/1/10_2019/2/21
小清水町のいろんなスポットをHBC(北海道テレビ放送)のキャラクターでおなじみの「巷のonちゃん」がめぐります。

■番組の放送予定(全6話)
1月10日 午後9時48分~ 「街あるき」
1月17日 午後10時14分~ 「でんぷんだんご」
1月24日 午後8時54分~ 「ぶらり小清水」
1月31日 午後8時54分~ 「地元めし」
2月7日 午後8時54分~ 「モモンガ」
2月14日 午後8時54分~ 「手織りの世界」
2月21日 午後8時54分~ 「石窯のパン」

※災害などで特番が入った場合は時間が変更になる場合があります。

過去の話題も表示